/

三越伊勢丹 今度こそ変わる 細谷HD社長 コロナ下でも前へ

高額購入者にベネフィットを 基幹店憧れの存在へリボーン

[有料会員限定]

百貨店の盟主、三越伊勢丹ホールディングスのビジネスモデルの刷新に、細谷敏幸新社長が挑む。できるだけ多くの客に来てもらい、店内を回ってもらう事業モデルはコロナ下で限界を迎えている。収益力を取り戻すため富裕層シフトを加速。手つかずだった基幹店の再開発を見据え、プロジェクトチームも立ち上げる。日経MJの取材に応じた細谷社長の発言から未来の百貨店像を読み解く。

「顧客が店内をグルグル回らなくなった。昔はシャワー効果という言葉があったが、もう違う」

百貨店の上層階で物産展などを...

この記事はMJビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン