/

機関投資家や法人、ESGに生かす

社会貢献団体への寄付、社団法人が橋渡し

[有料会員限定]

海外投資家や法人株主として優待を受け取る企業が、ESG(環境・社会・企業統治)の取り組みの一環として優待を活用し始めている。従来は、優待の受け取り辞退を発行体企業に伝えるか、あるいは自社で処分するかが一般的だったが、優待を無駄にせずESGに生かす動きが広がっている。

株主優待を機関投資家や企業に代わって社会貢献団体に寄付する「優活プロジェクト」。この運営を行う社団法人、ギビングフォワード(東京・千...

この記事はヴェリタスビューアーご購読者限定です。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン