/

この記事は会員限定です

EU、デジタルID共通化

来年稼働目指す、スマホに免許証など保管

[有料会員限定]

【ブリュッセル=竹内康雄】欧州連合(EU)は個人情報に関わるデジタルIDを域内全体で使えるシステムの実用化に乗り出す。利用者のプライバシーを守りながら、公共や民間のサービスをデジタルで使えるようにして利便性を高める。域内の国境を越えて一律のサービスを受けられるようになり、欧州の統合が一段と深まる見通しだ。

EUの欧州委員会が3日、デジタルIDを域内共通で利用するためのシステムである「デジタルウォレ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り748文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン