/

この記事は会員限定です

街角景気、悪化判断続く 民間調べ

県内4月、DIは上昇

[有料会員限定]

静岡経済研究所がまとめた4月の景気ウオッチャー調査によると、県内景気の現状判断指数(DI)は1月の前回調査に比べて19.8ポイント上昇して43.8だったが、横ばいを示す50を下回った。雇用で改善がみられるが、全体では悪化判断から脱していない。

業種別にみると、人材派遣や職業紹介といった雇用関連のDIは58.3で、新規求人の増加を背景に半年ぶりに改善判断に転じた。飲食業や宿泊業で来店客が増えない家...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り198文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン