/

メンタルヘルス改善にアプリ

ウーバー、サムスンも採用

[有料会員限定]

メンタルヘルスを改善するサービスが世界で急成長している。英アンマインド(Unmind)が手掛ける従業員向けアプリもその一つで、米ウーバーテクノロジーズや韓国サムスン電子を顧客に持つ。新型コロナウイルス禍などによるストレス増加で同アプリの利用が広がっていることから、同社は事業拡大に向けて各国のベンチャーキャピタル(VC)から新たな資金を調達した。

CBインサイツがアンマインドに出資する投資家や競合...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン