/

この記事は会員限定です

脱炭素実現へ包括連携協定 大分県信組と九電支店

[有料会員限定]

大分県信用組合と九州電力大分支店は2日、同県の地方創生を推進するための包括連携協定を結んだ。温暖化ガス排出量を実質ゼロにする「カーボンニュートラル」の実現と、地域振興を柱に協力する。県信組がすでに連携している大分県や県内18市町村も巻き込み、家庭・事業者単位での電化や電気自動車(EV)の普及を後押しする。

県信組は併せて公表した「けんしんグリーンファイナンス宣言」で、ESG(環境・社会・企...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り192文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン