/

AIで車の不良部品100%検知

武蔵精密、トヨタに装置

[有料会員限定]

会員限定記事がギフトとして贈られましたが、閲覧数の上限を超えたためご覧いただけません。電子版に登録すると他の会員限定記事もお読みいただけます。会員限定プランを見る

武蔵精密工業が人工知能(AI)を活用した事業に力を入れている。このほど不良品を見つける検査装置をトヨタ自動車に納入した。人よりも正確に不良品を発見できる。自動車部品を主力とする同社だが、これまで自社で開発してきたAIを主力事業の1つに育てたい考えだ。

武蔵精密工業が納入したのはAIで画像を分析して不良品を見つける装置だ。トヨタの本社工場(愛知県豊田市)で2020年12月からトランスミッション部品...

この記事は産業新聞ビューアーご購読者限定です。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン