/

この記事は会員限定です

「食べたい」に寄り添う嚥下食

調理家電で見た目おいしく

[有料会員限定]

病気や加齢とともに、食べ物をうまく飲み込むことができなくなる嚥下(えんげ)障害。食べにくくなると食欲も減り、低栄養状態を引き起こしかねない。家庭でも取り入れられる嚥下食を開発し、普及しようという機運が盛り上がる。「食べたい人に寄り添いたい」と介護の現場の声を受けた調理家電も誕生した。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1197文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン