/

この記事は会員限定です

ヤマダ 中古家電2年で倍増、100店体制へ

レンタルも検討、ESG対応急ぐ 再生から焼却まで自前で

[有料会員限定]

ヤマダホールディングス(HD)が中古家電事業を拡大する。店舗数を今後2年で2倍の100店に引き上げる。家電のレンタルも検討する。同時に家電の再生や再資源化に加え、焼却処分までをグループで完結する体制を整える。循環型モデルで縮小傾向の家電市場を深掘りする。

「安いし環境にも優しい。見た目もきれいで中古品への抵抗が薄れた」

ヤマダHD傘下ヤマダデンキの中古専門店「ヤマダアウトレット南砂店」(東京・江東)を訪れた30代の夫婦...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1533文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン