/

この記事は会員限定です

千葉など3地銀、野村と新会社 「投資助言に対価」模索

供給側からの中立性カギ

[有料会員限定]

千葉銀行と新潟県の第四北越銀行、岡山県の中国銀行野村ホールディングスと個人に投資を助言する新会社をつくる。「リモート」(遠隔)と「中立」を掲げ、来年春にも業務を始める計画だ。米国では独立したアドバイザーに意見を求め、資産形成に役立てるスタイルが定着するが国内では限定的。助言に対価を求めるビジネスが浸透するかは、野村を含めて供給側の意向に左右されない中立性が焦点となる。

4社は今年9月末までに準...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り939文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら初回2カ月無料!

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン