/

この記事は会員限定です

金相場、再び輝き?

インフレ懸念・仮想通貨急落で

[有料会員限定]

金相場の騰勢が鮮明になっている。インフレ懸念の高まりで米実質金利が低下基調を強め、金利のつかない金の投資妙味が増したためだ。「デジタルゴールド」といわれ、金の代替投資先とされてきた暗号資産(仮想通貨)の急落も金の見直しにつながっている。

国際指標となるニューヨーク市場の金先物は1トロイオンス1910ドル前後と約5カ月ぶりの高値圏で推移する。3月の同1673ドルの直近底値から反発すると急伸、5月下旬...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り926文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン