/

この記事は会員限定です

農業総合研究所

農家の直売所テコ入れ

[有料会員限定]

「農家が『豊作貧乏』になる状態を変えられていない」。農業総合研究所の及川智正会長は漏らす。農業スタートアップで国内初の株式上場から5年。主力の青果物の委託販売は伸び悩み、株価は株式分割を考慮した上場来高値より5割安い。主力事業のテコ入れと次の収益源育成は急務だ。

スーパーマーケットの一角で「農家の直売所」と名付けられた売り場に野菜や果物が並ぶ。主力である青果物の委託販売事業だ。登録した生産者は農業総研の提携スー...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り996文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン