/

この記事は会員限定です

欧州夜行列車、相次ぎ復活

脱炭素で「絶滅」回避

[有料会員限定]

【パリ=白石透冴】欧州で夜行列車の復活が相次いでいる。格安航空会社(LCC)との競争に敗れて「絶滅」寸前だったが、各国政府が温暖化ガスの排出削減に向けて政策で後押ししている。フランス国会は短距離の航空路線を禁止する法案も審議している。

「夜行列車への投資は、未来への投資だ」。カステックス仏首相は5月20日、再開したパリ―南仏ニースの夜行列車に乗り込んだ。12時間で2都市を結び、運賃は19ユーロ(約...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り812文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン