/

この記事は会員限定です

グーグルCEO「AI利用 国際ルールを」

人権配慮 機運高まる

[有料会員限定]

人工知能(AI)の開発や利用に一定の歯止めをかける国際ルールをつくるべきだとの機運が高まっている。米グーグルのスンダー・ピチャイ最高経営責任者(CEO)は気候変動対策の「パリ協定」に相当する国際的な枠組みが必要だと強調した。AIは医療や産業に革新をもたらす一方、差別の助長などの弊害も生んでいる。人権などに配慮しながらどう普及を進めるか、責任と知恵が問われる。

「パリ協定のような枠組みの構築に向けて...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り936文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン