/

この記事は会員限定です

税制・診療報酬で誘導を

グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン社長 渡辺幸子氏

[有料会員限定]

コロナの感染拡大で日本の医療体制は2つの弱点が浮き彫りになった。

1つは病床・病院が多過ぎ、医療従事者が分散している問題だ。集中治療医なども1病院当たりではわずかしかいない。病床に対する看護師数は米国や英国の4分の1しかいない。

コロナの重症者のケアは通常の2~4倍の看護師が必要だ。米国の大病院はコロナ患者を100人規模で受け入れたが、昨年11~12月時点で日本の大病院(400床以上)の受け入れ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り649文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン