/

この記事は会員限定です

元首相汚職で債務1.1兆円

マレーシア 総選挙の争点に

[有料会員限定]

【クアラルンプール=プレム・クマール、シンガポール=中野貴司】マレーシアの政府系ファンド「1MDB」を巡る汚職が同国の財政を圧迫している。総額で1兆1000億円規模の債務返済を強いられる可能性があるためだ。ムヒディン首相は新型コロナウイルスを巡る非常事態宣言が8月1日に期限を迎えた後、総選挙に踏み切る方針だ。汚職に関与したナジブ元首相への批判を強め、政権継続を狙う。

マレーシア政府はファンドの負...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り687文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン