/

この記事は会員限定です

新事業・転換、金融が支援 居酒屋からプリン

補助金・専門家を活用

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大により苦境が続く関西のサービス業で、新規事業への進出や事業転換の動きが広がる。国の補助金を生かしつつ、手助けするのが地域の金融機関だ。対応チームを立ち上げたり外部の専門家とつなげたりして、中堅・中小企業の生き残りを後押しする。

大阪・松屋町駅付近にある古民家を活用した複合商業施設「練」。一角にあるチョコレート専門店のエクチュア(大阪市)では、手土産の需要が低迷しカフェも...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り945文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン