/

この記事は会員限定です

各国、経済と両立狙う

[有料会員限定]

米国でバイデン政権が誕生し、世界各国の脱炭素の取り組みが活発になってきた。トランプ前政権で17年にパリ協定の離脱を表明したが、バイデン政権により21年2月に復帰。米国は4月に首脳級の気候変動サミットを開いた。各国が温暖化ガスの排出削減目標を相次ぎ打ち出した。

サミットはオンライン形式で40の国・地域の代表が出席。米国は30年の温暖化ガス排出量を05年比で50~52%減らす目標を表明し、オバマ政権下...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り686文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン