/

この記事は会員限定です

蓄積データ、日本勢活用

塩野義、平安と新薬開発

[有料会員限定]

オンライン診療は日本でも新型コロナウイルス禍を受けて規制が緩和され、2020年4月から初診患者を含めた診療が可能になった。

ただ、厚生労働省によると、電話も含めた遠隔診療を実施する医療機関は足元で約1万6000施設と全体の15%程度だ。誤診リスクや対面診療よりも安い診療報酬などを理由に、実施に慎重な医療機関も多いようだ。

こうした中、日本の製薬企業は中国で蓄積が進む豊富な医療データに注目...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り193文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン