/

この記事は会員限定です

東洋製缶、熊谷に用地 ホンダ系から9ヘクタール取得

[有料会員限定]

東洋製缶グループホールディングス(GHD)がホンダ系自動車部品メーカーのエイチワンから埼玉県熊谷市の工場用地約9.2ヘクタールを取得したことが25日までに分かった。取得金額は約30億円とみられる。

東洋製缶GHDは用途を明らかにしていないが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で食品の持ち帰りに使う紙容器やアルコール飲料用アルミ缶の需要が増えており、これら製品の生産拠点として活用する可能性もありそうだ。

東洋製缶GHDが取得したのはエイチワンが熊谷市...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り425文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン