/

この記事は会員限定です

草津温泉、若手人材を起用 最年少 35歳で事務職トップ

若者の取り込み「発信力強化したい」

[有料会員限定]

草津温泉(群馬県草津町)が若者層の取り込みに注力している。同町で観光振興を担う業界団体、草津温泉観光協会は2021年4月、事務職員のトップ「事務局長」に史上最年少となる福田俊介氏(35)を抜てきした。若手人材の起用により、若者向けのPR施策を強化する考えだ。

「この若さでの就任にはプレッシャーを感じているが、草津温泉の発信力強化に貢献したい」。福田事務局長は率直にこう語る。4月1日付で事務局長に就...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り822文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン