/

この記事は会員限定です

セブン、コロナで反省

標準モデルの店舗戦略通用せず 店作り、立地別の対応急ぐ

[有料会員限定]

新型コロナウイルスの感染拡大から1年余り。消費行動の変容は想像以上で、業態の勝ち負けもはっきりした。負け組の一つがコンビニエンスストアだ。最大手のセブン―イレブン・ジャパンも事業モデルの再構築が必要なことを痛感した。かけ声倒れに終わっていた地域や立地別の対応を急ぎ、脱・標準モデルを加速させる。セブンの反省は小売市場全体に新たな競争を促しそうだ。

セブンイレブンで最も購買単価の高い地域はどこか? ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン