/

この記事は会員限定です

ロイヤルホールディングス会長 菊地唯夫(1)

日債銀最後の頭取から贈られた万年筆

[有料会員限定]

普段は箱にしまっておき、大事な場面で必ず持ち出す万年筆がある。2004年にロイヤル(現ロイヤルホールディングス)に入社したときもこのモンブランでサインした。贈り主は1998年に経営破綻した日本債券信用銀行(現あおぞら銀行)で、最後の頭取を務めた東郷重興さんだ。

日本銀行で国際局長を務めた東郷さんは96年、周囲に請われ経営危機の渦中にあった日債銀に移り、かじ取りを託された。新卒で日債銀に入行し、3...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り851文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン