/

この記事は会員限定です

慶応義塾次期塾長 伊藤公平氏

フットワーク軽い国際派

[有料会員限定]

慶応義塾長に28日就任する。記者会見では「1歩も2歩も世間の先を行く学塾と、社会をつくっていきたい」と語った。

学内投票では研究を通じた国際貢献、共生型の学内環境整備などを掲げ1位となった。現塾長の長谷山彰氏より13歳下の55歳。執行部の若返り、国内外での存在感向上など変化を求める声に押し上げられた格好だ。前回塾長選では投票で2位だった長谷山氏が最終的に選ばれ波紋を呼んだが、今回は覆らなかった。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り305文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン