/

この記事は会員限定です

老いる中国と米の包囲網

論説主幹 原田亮介

[有料会員限定]

米中という超大国の対立をめぐる動きが急だ。足元で目立つのは米国による日本や欧州を取り込んだ「包囲網」づくりだ。もう一つ、対立の時間軸に影響を与えそうなのが、中国の少子高齢化のペースの加速。10年後をにらむ両国のつばぜり合いに日本はどう関わるべきだろうか。

中国の少子高齢化の加速は、米中対立と直接関係がないようにみえる。しかしそうではない。習近平(シー・ジンピン)国家主席は昨年10月の党中央委員会第...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1934文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン