/

この記事は会員限定です

(識者の見方)人間主体の経営学

[有料会員限定]

御手洗昭治・札幌大名誉教授 令和の時代に入った現在、経済道徳や企業倫理が混乱し問われている。企業組織、政治組織をめぐって、お金にまつわるいかがわしい事件が発生している。

企業倫理については見直す必要がある。渋沢栄一やドラッカーが企業や組織に求めたものはモラルや倫理観に裏打ちされた人間主体の人材を育成することであった。

新著...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り162文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン