/

この記事は会員限定です

衣料・小売り、履歴確認厳格に 供給網、人権問題リスク

アダストリアは工場情報公開、ワークマンは素材も外部監査

[有料会員限定]

アパレルや小売り各社がサプライチェーン(供給網)の生産履歴の確認を厳格化している。中国・新疆ウイグル自治区など人権問題に対する消費者や機関投資家の目が厳しくなっているためで、アダストリアはどの生産工場を使っているかを公開する方針を決めた。ワークマンは縫製工場に加え、生地などの素材工場も外部による監査を検討する。日本企業は海外に生産を依存しており、供給網の透明化を急ぐ必要がある。

アダストリアは2022年2月期にも取引先...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1719文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン