/

この記事は会員限定です

欧州金利、迫る脱マイナス

ドイツ10年債は2年ぶり視野に、経済再開で物価高期待

[有料会員限定]

【ロンドン=篠崎健太】国債利回りの上昇が欧州で勢いづいている。ドイツの10年物国債利回りは一時マイナス0.07%台まで上げ、約2年ぶりのマイナス脱却が視野に入る。新型コロナウイルスの感染状況の改善で規制緩和が進み、経済再開による物価上昇期待が広がっているためだ。粘り強い継続が示されてきた金融緩和策の持続性を試す展開になってきた。...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1350文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン