/

この記事は会員限定です

点検・トヨタ決算(下)今期1.16兆円で過去最高

研究開発費 CASE覇権へVWに対抗

[有料会員限定]

トヨタ自動車の2022年3月期の研究開発費は1兆1600億円と過去最高を見込む。新型コロナウイルス禍でも1兆円を維持した21年3月期と比べて6%増となる。トヨタはこれまで研究開発費の4割を、自動運転や電動化を指す「CASE」を中心とした先端分野に充ててきた。競合する独フォルクスワーゲン(VW)はより巨額の資金を投入しており、トヨタも今後はさらに投資のアクセルを踏み込む可能性がある。

トヨタは積極的なCASE技...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1367文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン