/

この記事は会員限定です

女性選手の画像 拡散摘発に「奇手」

著作権法違反容疑で逮捕 「盗撮」取り締まり難しく

[有料会員限定]

女性アスリートの競技画像をサイトに掲載した男が9日、著作権法違反の疑いで逮捕された。スポーツ界の深刻な訴えが警視庁の捜査を促したが、容疑はテレビ局が所有する映像の無断転用。撮影・拡散行為そのものを摘発したわけではない。新設が検討される「盗撮罪」の対象に「着衣の上からの撮影」が含まれるか不透明ななか、競技団体は自衛策を講じつつ議論の行方を見守る。

「放送事故」「ハプニングシーン」といった説明とともに...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1431文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン