/

この記事は会員限定です

〈価格は語る〉和牛需要、訪日客頼み露呈

最高級A5卸値、昨年度6%下落

[有料会員限定]

和牛の最高ランクのA5の卸値が新型コロナウイルス禍の影響で2020年度に大きく値下がりした。近年の消費をけん引してきたインバウンド(訪日外国人)需要がなくなった。特に高価格帯の部位は販売が急減した。一方で日本人の消費は盛り上がらず、インバウンド頼みで沸いてきた和牛市場のひずみが露見している。

「宿泊客の半数を占めていたインバウンドが途絶え、ステーキなどで提供してきた和牛の仕入れも減ってしまった」(...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1168文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン