/

この記事は会員限定です

台湾・蔡氏、支持率4割に低下 再任1年で試練

綻ぶコロナ対策/強まる中国依存

[有料会員限定]

【台北=中村裕】20日で再任から1年を迎える台湾の蔡英文(ツァイ・インウェン)総統が試練に直面している。これまで内外から評価されてきた新型コロナウイルス対策で綻びが見え始め、支持率も低下している。対立する中国とは経済的な依存がむしろ強まっており、「脱中国」戦略を描けずにいる。

台湾当局は19日、新型コロナの感染者を新たに275人確認したと発表した。過去1年で160人ほどだった域内感染者が、最近5日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1427文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン