/

この記事は会員限定です

LINE「ふるふる」機能、特許侵害で賠償命令

東京地裁

[有料会員限定]

対話アプリ「LINE」で、スマートフォンを振ると連絡先が交換できる「ふるふる」機能を巡って特許権が侵害されたとして、京都市のIT企業がLINE側に3億円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、東京地裁(佐藤達文裁判長)は19日、権利侵害を認めてLINEに約1400万円の支払いを命じた。

同機能は近くにいる利用者が互いにスマホを振ると、...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り163文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン