/

この記事は会員限定です

コロナ下の決算から(下) 貸倒引当金 5%積み増し

九州・沖縄地銀、取引先の経営悪化備え 業績予想は財務基盤で差

[有料会員限定]

九州・沖縄の地銀で新型コロナウイルス禍の長期化で取引先の経営悪化リスクに備える動きが各行で広がった。2021年3月期決算によると、政府の大型の経済対策で取引先の倒産による貸し倒れはほとんど顕在化しなかった。しかしコロナ禍が長引いており、各行は将来の貸し倒れに備える引当金を積み増した。足元では管理に注意が必要な債権も増えている。

21年3月期は期初に懸念されたほど企業倒産は増えなかったが、貸倒引当金...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1072文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン