/

この記事は会員限定です

シェール停滞 原油高招く

投資抑え生産低迷 NY先物66.27ドルに 強まるインフレ懸念

[有料会員限定]

原油先物相場に上昇圧力がかかっている。新型コロナウイルス禍からの需要回復が進む一方で、最大の産油国である米国でシェールオイルの生産量が低迷しているためだ。世界の需要はすでに供給を上回る状況が続いている。今後もシェール生産の回復が鈍いままなら原油相場が一段と上昇しインフレ圧力がいっそう強まる恐れもある。

17日のニューヨーク市場ではWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物の期近物が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン