/

この記事は会員限定です

コロナ下の決算から(中) 九州・沖縄地銀の経費率、13行が1%超改善

業務改革が奏功、日銀の支援制度も後押し

[有料会員限定]

九州・沖縄の地銀20行の2021年3月期決算で、各行が引き続き経費削減に取り組んでいることが明らかになった。日銀は地銀が経費削減などに取り組めば、日銀に預ける当座預金の金利を上乗せする支援制度の申請受け付けを始めた。その要件として本業の粗利益に対する経費の割合を示す経費率(OHR)削減を示している。日本経済新聞社が各行の決算資料をもとに21年3月期(単体)のOHRを試算すると、13行が前の期比1%以上...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1244文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン