/

この記事は会員限定です

比内地鶏使い親子丼 セブンイレブン、生産者下支え

6県1400店で発売

[有料会員限定]

セブン―イレブン・ジャパンは18日、新型コロナウイルス禍の影響で消費が低迷する秋田県特産の比内地鶏を使った親子丼を東北6県の約1400店舗で発売した。6月1日には親子丼のおむすびを県内で、県産黒毛和牛を使った牛すき煮丼も6県で販売を始める。消費者に身近なコンビニで高級食材の需要を開拓し、生産者を下支えする。

いずれも期間限定の商品。親子丼(税抜き648円)は2週間、親子丼のおむすび(同198円)と...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り238文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン