/

この記事は会員限定です

コロナが問う医療提供の課題(9) 平時に生かすべき教訓

一橋大学准教授 高久玲音

[有料会員限定]

未知の感染症のパンデミック(世界的大流行)は、いつ発生するかわかりません。わが国も、将来的に感染爆発に見舞われる恐れがあります。

国は地域の医療計画に新興感染症対策を位置付ける検討を進めており、2024年度からの第8次計画に盛り込む方針です。策定過程では都道府県レベルで、コロナ禍の経験を踏まえた対策を話し合います。

その際に重要なのは、コロナ禍で議論となった「連携」と「選択と集中」をどう位置付ける...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り637文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン