/

この記事は会員限定です

「建設石綿」国に賠償責任

最高裁が統一判断 政府、救済の方針

[有料会員限定]

建設現場でアスベスト(石綿)を吸って健康被害を受けた元建設作業員や遺族らが起こした4件の損害賠償訴訟で、最高裁第1小法廷(深山卓也裁判長)は17日、国が対策を怠ったと認定し国の賠償責任を認める統一判断を示した。「一人親方」と呼ばれる個人事業主も救済対象とした。メーカーの責任も認めた。(関連記事を社会2面に)

建設アスベスト訴訟で最高裁が判決を出すのは初めて。政府は判決を受けて17日、原告に最大13...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り430文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン