/

この記事は会員限定です

新型コロナ重症化リスク 日本人にも遺伝的特徴

慶大など「2割保有」

[有料会員限定]

慶応義塾大学などの研究チームは17日、新型コロナウイルス感染症で日本人が重症化しやすい遺伝的な特徴を見つけたと発表した。日本人の約2割が持ち、65歳未満ではリスクが約2倍になる。日本人が重症化しにくい未知の要因となる遺伝的な特徴は見つからなかった。リスクの人種差は不明なままで、感染防止対策やワクチン接種の徹底が求められる。(関連記事を社会1面に

研究チームは国内100以上の医療機関と協力し340...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り309文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン