/

この記事は会員限定です

東電改革「最終形」託される

胆力の人・小林喜光氏、会長就任へ 安全文化の再構築急務

[有料会員限定]

この人が会長を引き受けてくれたことに経済産業省はホッと一息ついているだろう。三菱ケミカルホールディングス(HD)の小林喜光会長が6月下旬、東京電力ホールディングス会長に就任することになった。経済同友会の代表幹事を務め、政官財に張り巡らせた人脈は広く深い。三菱ケミカルの事業構成を大胆に入れ替えるなど経営者としての実績もある。

日立製作所出身の川村隆氏が東電会長に就任した2017年ごろの早い...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1441文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン