/

この記事は会員限定です

テレワークで攻撃に拍車

[有料会員限定]

サイバー犯罪者を活気づかせているのが企業でのネット利用の増加だ。日本ハッカー協会の杉浦隆幸代表理事は「テレワークの利用が進み、VPN(仮想私設網)装置の脆弱性を狙われることが多い」と話す。

社内情報の外部漏洩を防ぐためにVPNを使う企業が多いが、古い装置はハッカーの侵入を許しやすい。脆弱性の修復を渋ったり、サポート切れの基盤ソフトを備える機器を使い続けたりすることで被害につながる。

サイバーディフ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り592文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン