/

この記事は会員限定です

大津の琵琶湖岸、国際会議誘致へ連携

[有料会員限定]

滋賀県や大津市、大津商工会議所などの経済団体や観光事業者は、琵琶湖岸に国際会議などを誘致する「びわ湖コンベンションストリート活性化協議会」を設立した。大津市内の琵琶湖岸2キロの間には合計1万人を収容できる官民の会議施設11カ所が集積しており、これらを連携して運用する。2025年国際博覧会(大阪・関西万博)の準備会合や水環境をテーマにする学会を中心に、1000~3000人規模の国際・国内会議を23~...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り348文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン