/

この記事は会員限定です

血液検査で認知症を診断

高齢者の負担軽く 早期に治療

[有料会員限定]

血液検査や脳の画像検査で認知症を早期診断したり、認知症になるリスクを見極めたりできる時代が近づいている。軽症で治療すれば進行を遅らせることもできるため、早期診断が非常に重要だ。体への負担が軽く、低コストな検査法の実用化に向け、産官学のプロジェクトも動き出した。

認知症は人口の高齢化に伴って増え続け、現在国内で500万人以上、65歳以上の4人に1人は認知症か軽度認知障害(MCI)といわれている。認知...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1219文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン