/

この記事は会員限定です

コロナが問う医療提供の課題(8) 専用病院整備と国の役割

一橋大学准教授 高久玲音

[有料会員限定]

通常医療と新型コロナ患者の治療をいかに両立させるかという点で、大規模病院への患者集中政策は有効でしょう。海外では専用の病院を新たに建設する動きも広がっています。

英国や米国などは、通常医療とコロナ診療の両立といった目的を持って、公共施設などを改装した「一時的コロナ専用病院(Temporary Hospitals)」を設置しました。

これは、中国・武漢で1000床規模の一時的コロナ専用病院が約10日...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り653文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン