/

この記事は会員限定です

米現金給付、日本にも誤配

元駐在員らに小切手届く

[有料会員限定]

【ワシントン=大越匡洋】米国のバイデン政権と議会が3月に実現した1.9兆ドル(約200兆円)の経済対策の柱である現金給付を巡り国境を越えた誤配が起きている。かつて米国に暮らしたことのある日本人ら本来は支給対象ではない米国外に住む外国人にも米政府から小切手が届いた。政策実行のスピードを重視した副作用が生じている。

新型コロナウイルス対策として打ち出した「米国救済計画」は1人最大1400ドルの給付が柱...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り891文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン