/

この記事は会員限定です

トヨタ、自動運転の特許件数増で競争力

駆動技術強み

[有料会員限定]

自動運転技術の特許競争力では、1位の米フォード・モーターが総合スコアを6054ポイントと前回の3.6倍に伸ばした。2位のトヨタ自動車は2.4倍の5349ポイント。前回の首位から今回3位になった米ウェイモは1.7倍の4895ポイントだった。(1面参照

トヨタとフォードが2年半でウェイモを上回った主な要因は、特許件数が増えたためだ。トヨタとフォードの有効特許件数はそれぞれ2.5倍になった。ウェイモは8割増にとど...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り453文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン