/

この記事は会員限定です

高齢者の接種予約、ネット操作支援広がる

学生バイト・自治会・市職員 ワクチン普及めざす

[有料会員限定]

新型コロナウイルスのワクチン接種の予約を巡り、デジタル機器の操作に不慣れな高齢者をサポートする取り組みが広がっている。多くの自治体ではインターネットや電話による先着順で、予約枠に漏れた住民から不満の声も聞かれる。一方、優先接種した首長らが釈明に追われるケースが各地で相次いでいる。(1面参照)...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1120文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン