/

この記事は会員限定です

日銀の経営改善支援策、地銀8割「申請済み・検討」

上場60行、効率化の契機に

[有料会員限定]

地域金融機関の経営改善を促す日銀の新たな支援制度の適用を申請する地方銀行が相次いでいる。経費削減や経営統合に取り組めば、地銀が日銀に預ける当座預金に年0.1%の上乗せ金利がつく。上場地銀の8割にあたる約60行・グループが15日時点で「申請済み」か「前向きに検討」と明らかにした。

地銀の経営環境は厳しい。ATMや店舗網の再編など、経営改善の呼び水になる可能性がある。日本経済新聞が全国の上場地銀を対象に1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り539文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン