/

この記事は会員限定です

再生エネの直接調達拡大

企業、小売り介さず割安に 規制緩和へ

[有料会員限定]

太陽光や風力など再生可能エネルギーの企業の利用を促すため、経済産業省は新たな調達の仕組みをつくる。離れた発電施設から電力を購入する際は、これまでは小売事業者を介さなければならなかったが、このルールを緩和する。国全体で脱炭素化を進めるため、企業の調達コストを抑えて再生エネの普及・拡大につなげる。

夏までに電気事業法の省令改正をめざす。政府全体は2050年の温暖化ガス排出量実質ゼロに向け、30年度まで...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り609文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン